NTB製作所では各製品、各ロットに作業指示書を発行し、各工程ごとに加工検査の欄を設けて作業した者が検査後にチェックし次の工程に製品が流れていきます。各工程での検査後、最終工程で再度検査を行います。リピート品はもちろんのこと、新規の製品も不良品を出さない為に作業工程を4つに分け(プログラム作成→NCタレットパンチプレス加工→プレスブレーキ曲げ加工→溶接・組立)工程ごとに加工確認を行っています。また完成した商品の間違えがないように商品管理伝票システムを導入し、現品伝票には必ず商品の写真を付け誰でも人目で商品とその情報が分かるようになっていいます。納品の際には完成した商品と現品伝票を貼り付けるので、お客様から分かりやすいと好評をいただいております。